にゃん母の懸賞当選生活

当選報告を中心に懸賞情報や子育て情報も!

アピタ×ヤマザキ 親子でいっしょにつくろう サンドイッチ教室に行ってきた!

こんにちは、にゃん母です。

 

週末は、アピタ × ヤマザキ の「親子でいっしょにつくろう サンドイッチ教室に行ってきました。

f:id:nyanhaha:20170621142612j:plain

 

スーパーには、懸賞以外の先着イベントも盛りだくさん

今回は、懸賞イベントでありません。

先着20組 × 午前・午後 イベントでした。

 

スーパーで懸賞情報を探していると、無料で学べたり体験できるイベントが思いのほか発見できます。

その店舗オリジナルイベントの場合、かりに抽選となっていても人が集まらず、実質申込者全員OKになることも!?

ミニゲームができるだけのイベントから、1日かけてのバスツアーまで!スーパーの片隅で隠れるように募集してたりしますので、通報されない程度にキョロキョロ探してみて下さいね!こういう情報は店員さえ知りませんからね!

 

確実に参加できるイベントと言えば「お母さん・お父さん・敬老の日」の似顔絵でしょうか?似顔絵を描いて持って行くだけでお菓子がもらえるイベントを実施しているスーパーが多いです。

88円~300円前後とスーパーによって参加賞の金額が違います。多いと子供も喜びます^ ^

プライベートブランドのお菓子1袋というスーパーもあれば、新製品菓子3種300円と豪華な店も。

お菓子をまくのが大好きな濃尾平野民限定でしたらすみません。でも、お菓子もらって喜ぶのは世界標準のはず。全国的にあるんじゃないでしょうか?

 

スーパー、ドラックストア、図書館、公民館、児童館、新聞社・・・これから夏休みにかけてたくさんイベント募集がありますね!

楽しい思い出が低予算でたくさん作れるよう、今、種蒔き頑張りましょう!

 

親子でいっしょにつくろう サンドイッチ教室

アピタ × ヤマザキ 共同企画のサンドイッチ教室に行ってきました。

内容的には、懸賞当選イベント風を少しお手軽にした感じ。

 

・・・・が、

対象商品を買って応募するイベントで、開催したらブーイングであろう「フードコート」が会場(-_-;)

フードコートのど真ん中で、「えっ、何?」顔の食事客の熱いまなざしの中、イベントは開催されました。

思春期の玄関ぐらいの年齢の上子さん、終始落ち着かない様子。

「クラスの子に見られたらどうすんのよ!」とお怒りでした。

ママ友を誘ったので、お隣にママ友の息子がいるのも気に入らない様子。

「男と一緒にいた!」と思われるのが嫌みたい。いよいよ思春期到来です。

f:id:nyanhaha:20170621155909j:plain

↑食パンのキャンペーンシールもらえるの?もらえないの?そんなことばかり考えさせる配置でした。

残念ながら、点数を合法的にもらえるチャンスはございませんでした。

にゃん母さん、セレブでヤングマンなので「どうせ捨てるのでしょ?点数の部分だけ下さい!」とか言えませんしね。

ちなみに↓このキャンペーンです。当選人数が多いけど超難関キャンペーンと予想。

こういうキャンペーンばかり出している人は「懸賞って当たらない(怒)」になるのだろうと思われます。

でも、宝くじだって当たる!宝くじを買うつもりで応募頑張れ。

www.yamazakipan.co.jp

 

料理教室に話を戻して・・・

f:id:nyanhaha:20170621155945j:plain

↑子供一人に1セット用意されていた具材類。

 

↓今日のメニュー。

f:id:nyanhaha:20170621160007j:plain

 簡単で、ちょっぴりいつもと違うような気がするメニュー。

 

調理は、20人全員が一斉にはじめて、一つ一つの作業を進めながら説明を聞くかたちでした。

こういうイベントに参加するような子供って大人しい子供が多いです。

が、

残念ながら、よその子たちが説明通りに作るのに対して、

うちの二人とママ友の子、

「私、鶏肉嫌い」

「僕、トマト無理」

「生クリームやだ」

 

「じゃあ、食べられないものを交換ね!私は、チキン無理だから下子に。下子のトマトと息子君のトマトは私が貰うね。」

と勝手に再分配し始める始末・・・・

終いには、ハーブソルトや、マヨネーズとケチャップも交換しだして、ヤマザキさんのレシピ完全無視(怒)

さらに「何か不味そう・・・」発言。

 

キレるにゃん母さん

 

「おまえら、ヤマザキさんの説明通り作らなくてもいいけど、勝手なことしたんだから、どんなに不味くても責任もって全部食べなさいよ。自分の行動に責任を持ちなさい」

と静かにブチ切れると、その後のランチパック風サンドは、ヤマザキさんの言うとおりにお作りになりました。

 

お家でお手軽ランチパックの作り方

食パンの中央に具を置いて、

f:id:nyanhaha:20170621163713j:plain

↓お椀でグリグリすると・・・

f:id:nyanhaha:20170621164322j:plain

↓お家でランチパック、の出来上がり!

f:id:nyanhaha:20170621163912j:plain

 

結局、完成したサンドイッチも姉妹で交換。

生クリーム嫌いの下子は、できたランチパックを上子に。

「えっ、ヤマザキさんの言うとおりに作ったら食べなくてもいいんでしょ?」

と斜め上の発言を天使の笑顔でする下子。

いや、そうじゃないでしょ・・・・と意見したものの、

二人でほとんど全部楽しそうに食べたのでまあいいかな?楽しい場所で怒ると、台無しだし、変なトラウマになって残るからな。

普段の生活では、暗黙のルールに縛られすぎてる我が子たち、そんな中で縛られない部分があるのも大事かもしれない。

 

最近、お互いの苦手なものを交換して克服するというチームプレイ遊びをする上子&下子。

絆深まりまくりだぜ!

けどな、苦手な夕食も完食!しても、栄養偏るからね。やめてね。

 

お土産

f:id:nyanhaha:20170621165516j:plain

土産は、意味ありげに忍ばせてあったカントリーマームとパン。

あれ?不二家ってヤマザキに吸収されたの?されるの?な土産セレクトですよね。

思わずヤフー検索してみましたよ。クッキー1個で企業に興味を持たせる・・・まんまと手中にはまっちまいました。

不二家って、ヤマザキの子会社だったんですね。今回一番勉強になったことかもです。

土産にまでトラップを仕掛けるとは、さすがヤマザキ!だな。

こういう姑息なところが成功の秘密なのかもしれません。勉強になります。

 

 ブログランキングに参加しています。「1日1回ポチっと応援」で元気になります。


にほんブログ村